お知らせ

幼稚園・保育園パパの育児・家事の意識調査

一緒に過ごす時間は短くとも、子育てを楽しんでいるパパが多数

株式会社こどもりびんぐでは、今どきのママ・パパ・園児の状況について、定期的にアンケートを実施しています。今回は、園児のパパに2021年8月に実施したアンケートの中から、幼稚園・保育園パパの育児・家事の関わりについての意識調査の結果を紹介します。

 

 

◆パパがしている育児は「一緒に遊ぶ」、家事は「ごみ捨て」が1位

パパがしている育児について聞いたところ、幼稚園・保育園パパとも、「一緒に遊ぶ」「一緒にお風呂に入る」「近所の公園に連れて行く」がベスト3となりました。0~2歳児など、小さい子どももいる保育園パパでは「子どもにご飯を食べさせる」「おむつ替え」も高い結果に。

また、パパが主体的にしている家事については、「ごみ捨て」「風呂掃除」「皿洗い・食後の後片付け」がベスト3となりました。

全体的に保育園パパの方が育児・家事とも実施している率が高く、仕事に育児に家事にと忙しい保育園ママとパパが協力して育児・家事をしている様子がうかがえました。

 

子育てが楽しいかどうかを聞いたところ、「とても楽しい」が53.1%、「まあ楽しい」が42.1%。多くのパパが子育てを楽しいと感じていることが分かりました。

 

子どもと一緒に夕食を食べるのは、「週に7日(毎日)」が一番多く、幼稚園パパは29.3%、保育園パパは34.2%。コロナ禍での在宅勤務の広がりなどもあるのか、毎日一緒に夕食を囲む家族が多い半面、次に多いのは「2日」と、休日のみ一緒という家庭も一定数いることが分かりました。

 

平日(仕事のない日)に子どもと一緒に過ごす時間は、幼稚園・保育園パパとも「1時間~2時間未満」が一番多い結果となりました。幼稚園パパは「1時間未満」も3割近くという結果に。平日はママほど一緒に過ごす時間がない中でも、子どもと一緒の時間を楽しんでいるパパが多いようです。

 

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社こどもりびんぐ メディアビジネス部   担当:森

TEL:03-5244-5761(10:00~17:00 ※土・日曜、祝日を除く)

E-mail:promotion@kodomoliving.co.jp